HACCPの導入で得られるもの

現場で発生しうる食品事故を限りなくゼロに抑える為に、HACCPの手順に沿って、現場の作業工程やそこに潜む食品事故リスクを丁寧に分析し、適切かつ妥当性のある対策を現場の皆さんと一緒に検討して参ります。HACCPによって検討する衛生管理計画は、客観的に効果を証明できる衛生管理手法でないと意味がありません。

HACCPを導入することによって、確実に向上するのは、現場の衛生管理意識や、食品自体の品質ではなく、皆さんの現場で取り組んでいる衛生管理が効果的であるということの、客観的な説得力なのです。

同業他社
を真似た受け売りの対策でも、気休め的な衛生管理ではなく、その会社、その現場、その商品にとって、合理的かつ効果的な衛生管理を行えるのが、HACCPによってリスクを分析する一番のメリットとなります。

ご要望や現在の状況に応じた、必要十分なレベルでのHACCPの導入を進めて参ります。