ハサップ(HACCP)の制度化に向けて

当社は「安心・安全」に本気な現場を応援します

HACCPのことを知りたくてお越し頂いた方には大変申し訳ないのですが、様々なサイトでHACCPに関する解説がなされていますので、このサイトではあまり積極的に解説は致しません。

と、言うのも、文章で長々と説明をすればするほど、混乱や誤解を招く形にしかならないからです。

確かに理解しづらい、難しいという側面もあるのですが、それはHACCPそのものを「理解する」のが難しいのではなく、HACCPに実際に取り組む中で「どうすれば安心・安全な食品になるか?」を「考えていく」ことの方が遥かに難しいのです。

HACCPは将棋に似ています。ルールや手順を理解するのは意外と簡単ですが、「勝つ」という目的を真剣に達成しようとしたら、途端に難しくなります。

皆さんが作っている食品や料理が「安全」であることを、HACCPを使って、どうすれば取引先やお客様に伝えられるか? 「安心」してもらえるか? そのことを、社長、衛生責任者、従業員さんなども含めて、一生懸命考えていく作業が一番難しいのです。

現場が困っていればいるほど、「安心・安全」に本気な現場であればあるほど、お金よりも「知恵」を出す意欲のある現場ほど、HACCPに取り組んだ時の「費用対効果」は高くなります。

HACCPについてもっと知りたいという方には、直接お会いして丁寧にご説明させて頂きますので、ぜひお気軽にご相談下さい。初回訪問・相談は無料です。

サポート内容一覧

HACCPの導入

現場で発生しうる食品事故を限りなくゼロに抑える為に、現場の作業工程を丁寧に分析し、適切かつ妥当性のある対策を現場の皆さんと一緒に検討して参ります。やる気さえあれば、知識や資格は何も必要ありません。

栄養価計算・表示作成

飲食店が持ち帰り用や通販用に、新しく加工食品を作る際に必要な栄養価計算・食品表示も代行致します。現場で混入しうるアレルゲンを、直接現場確認を行った上で作成するので、後々の回収のリスクを防げます。

記録用紙や衛生管理マニュアルの作成

一般的な衛生管理で必要な各種の記録表も作成致します。従業員向けの衛生管理マニュアルの作成が急務な場合もご相談下さい。無理のない適切な内容で検討致します。

各種認証取得サポート

HACCPの外部認証の取得は必須ではありませんが、ビジネス上で必要であれば、認証取得に向けてサポート致します。有機JAS認証などに関する相談・サポートも行っております。

従業員教育とメンタルケアサ

衛生管理には従業員教育が何とても重要です。ただし従業員が現場に何らかの不満を抱えていると教育効果は激減します。そこで当社ではメンタルケアも並行して行い、教育効果と自浄作用を高めて参ります。

広報支援・作成

決して本業ではありませんが、ホームページの作成、SNS、クラウドファンディング支援、チラシや動画の作成などもご相談して頂くことも可能です。お客様からは意外と喜ばれております。

おまけにこんなこともしています。

現場で実施したHACCPを公開し、
「安心・安全」をよりオープンに。

当社はただ独自性のあるHACCPの導入をサポートするだけではなく、HACCPの導入が完了した企業様を、当社サイト内で紹介していくサービスを付加しています。

月々のHACCPサポート費用には、当サイトに情報を掲載するための、写真や動画撮影と、ページ構築費用等も含まれております。

HACCPの取り組みを積極的に公開し、お客様や取引先により安心して利用して頂けるための仕組みとして、ぜひご活用下さい。

HACCPサポート費用

当社の委託契約には契約期間はありません。HACCPの導入が完了すれば、いつでも解約可能です。飲食店などで1~3ヵ月、小規模事業者さんで3~6か月、中規模事業者さんで6~10か月が導入完了の目安となります。

飲食店・小売店舗

15,000円/月

小規模(従業員10人未満)製造業

30,000円/月

中規模(従業員10人以上)製造業

50,000円/月

掲載継続費用

12,000円/年

※料金は全て、税別となっております。
※月1回訪問分の交通費が含まれています。
※HACCP紹介ページへの掲載は任意です。

ハサップ(HACCP)のイメージによくある誤解をまとめてみました。

「うちの現場では設備的に無理」

設備投資が必要不可欠という誤解

HACCPは12の手順に沿って書類を作成して、まずは「製造現場の見える化」を行い、今の現場や作業工程に潜んでいる食品事故リスクを洗い出します。そこで始めて「この現場には何が必要か?」を考えます。HACCPに取り組むよりも前に、HACCP導入に必要不可欠と言われるような、設備・器具・構造などは一切ありません。食品の安全性を確保するために、適切な運用(ソフト面)を行っていることを、客観的に証明する作業がHACCPであり、温度計ですら食品安全の制御に不要と判断できれば、結果的には不要です。これが最も大きな誤解ポイントです。

「うちが認証を貰えるはずがない」

外部認証が必要不可欠であるという誤解

HACCPは外部から認証を受けたり、何らかの証明を貰う必要があるものではありません。むしろ外部に認証されていたとしても、認証を受けたHACCPの対策を実施していなければ、HACCPをしていない現場と同じです。現場のリスク分析を行った結果、食品の安全を維持するために実施すると決めた対策を、日々しっかりと実践していれば、どこからも認証を受けなくても、HACCPを行っている現場になるのです。誰かの認証や担保をもらうことよりも、経営者の方が、自信をもって自社の製品が安全であると言える現場作りを行うことの方がより重要です。

「うちは〇〇に任せてるから大丈夫」

定期的に監査を受けていれば大丈夫という誤解

HACCPは外部の指導によって、現場の問題を洗い出し、対策のアドバイスを貰うことはできますが、外部の人間がサポートできるのはそこまでです。日々のモニタリングと記録、実施した管理方法に対する検証などは、実際に製造を行う現場の方が日々行うのが基本です。税理士に税管理を任せるかのように全てを外部に任せて、現場や責任者はほとんど何もせずに、HACCP対策が完了するようなサービスは、世界中のどこにも存在しません。大手工場のように全行程を機械化にしたとしても、現場従業員が行う確認作業や、検証は必須なのです。

「うちには関係ない。保健所とも仲良くしてる」

小規模な飲食店や製造所には関係がないという誤解

食品衛生法の改正によって、HACCPの考え方を導入する必要があるのは、原則として「全ての食品等取扱業者」です。保健所に「営業許可」を受けていたり、食品製造関連の「届け出」を行ってる現場は全て対象となります。飲食店を含む、全ての食品製造現場が、厚生労働省のHPにある手引書通りに衛生管理や記録を実践することを、いずれ確実に求められますので、できるだけ早めに店舗や会社独自のHACCP対策の導入を検討することをお勧めいたします。保健所よりも先に、取引先や消費者から対策の実施を求められることも大いに考えられます。

このような誤解を受けやすいのは、HACCPが柔軟であり、多様性がある証拠です。

HACCPや
衛生管理に関するお問い合わせ

二営業日以内には必ずご連絡致します。

    希望連絡手段